琉球古典芸能コンクールについて

当研究所は、野村流音楽協会コザ支部に属しています。民謡も古典も、各教室はそれぞれ属している協会が催すコンクールが存在し、年数に応じて受けることが可能です。

 

当研究所においては琉球新報社が主催する琉球古典芸能コンクールに毎年各練場より対象者が受験しております。第52回琉球古典芸能コンクールでは、当渋谷練場より2名新人賞を受験し、2名とも合格いたしました。翌年53回にも新人賞2名受験し、2名合格。54回は新人賞2名受験、2名合格。優秀賞1名受験し1名合格しております。現在のところ、100%の合格率となっています。

 

第52回課題曲 琉球新報社Webサイトより
第52回課題曲 琉球新報社Webサイトより

琉球古典芸能コンクールは毎年沖縄・那覇市の琉球新報社の琉球新報ホールにて開催されます。

 

琉球古典音楽を習った年数により受験資格が決められており、最初は新人賞から挑戦し、合格したら3年後に優秀賞、さらに3年後に最高賞を受験する資格が得られます。

 

コンクールへの応募は毎年5月に師匠を通じて応募し、試験一ヶ月前の6月に受験日がわかる段取りになっています。

試験自体は毎年変動しますが、7月末頃前後の3日間を通じて新人賞の審査が行われています。

 

新人賞の課題曲は2曲あり、伊野波節と稲まづん節のどちかを選んで受けるのですが、当教室では伊野波節で受験することになっています。

 

渋谷練場からは現在新人賞で6名合格、優秀賞1名合格しておりますが、当研究所全体(北谷、那覇、杉並を合わせて)でみると最高賞が7名、優秀賞は10名以上、新人賞はさらに多くの人数合格しています。

 


第52回琉球古典芸能コンクール新人賞受賞
第52回琉球古典芸能コンクール新人賞受賞
コンクール当日審査会場での練習風景
コンクール当日審査会場での練習風景